菜香樓のこだわり

真の医食同源

レストランとは、もともと「元気づける、回復する」という意味が語源です。また、中国には「医食同源」という言葉があります。 既によく知られた言葉ですが、からだに良いものを食べることが健康を保つ、という意味です。ですから、野菜や肉、水などの食材が汚染されていては「医食同源」の教えは言葉だけで、何の意味もなさないことになります。
私たち菜香樓では、有機栽培された野菜やお米、契約生産者から仕入れる肉類、そして水は上質なπウォーターを使い、この中国の教えを当たり前にするベテランの香港出身料理人が腕を振るっています。
そしてこれからも 私たちは、菜香楼にかかわるすべての人達が健康で幸福になってもらいたいという信念を掲げ、料理の味、接客、空間だけでなく、さらにこだわった良質のものを常に提供し続けていきます。

手づくり(スローフード)

手づくり

広東料理では『いかに素材の持ち味を引き出すか』ここに料理人の経験と感性からくる技の全てが注がれます。
菜香樓でも、美味しさの為には時間や手間を惜しみません。
選された素材を活かす技、それを引き立たせる自家製調味料、そして、点心のひとつ一つはすべて職人の手作りです。

水

水

美味しい料理、美味しいお茶を味わうには良い水が基本と考え、当店に適したπウォーターを使用しています。
「π」はギリシア語で「回帰する」という意味で、腐敗しにくく、成長を促進し、体に吸収されやすい特徴を持つ、良質なお水です。エビのプリプリ感もこの水によってさらに高まります。

素材

素材

加賀野菜や地元で水揚げされた海鮮類など、旬の地物の食材を中心に、美味しくて体に優しい料理の提供に日々務めます。
これからも、食材の厳選には充分に配慮してまいりますので、優れた食材に関する情報がございましたら、ぜひお寄せくださいますようお願い致します。

空気・空間

空気・空間

お店のほとんどの壁や天上には、清浄作用を持つ活性セラミックパウダーを混合した塗料が吹き付けられています。
一部のお座敷や絨毯の下には、竹炭(活性炭)を敷き詰めてあり、消臭・殺菌に加え、冬場でも遠赤外線により快適に過していただくことができます。

お茶

お茶

菜香樓では、武夷岩茶を中心に、35種類以上の中国茶が取揃います。
「良いお茶に巡り会うことは、良いお茶を作ろうと労力を惜しまない実直な人に巡り会うということ」と、お茶の名産地で魏総支配人の地元「福建省」の茶畑まで足を運んで確かめる、菜香樓仕入れ担当者の弁。